自己破産の相談・東京のおすすめ弁護士ガイド ※安心して依頼したいなら!

自己破産手続きのための必要書類って?

 

自己破産を考えている方は必要な書類がたくさんありますので、
早めに用意できるように紹介しておきましょう。

 

まず、地方裁判所で入手する書類について。

 

①破産申立書・免責申請書
住所・氏名のほか収入、資産状況、借金総額などを記載するものです。

 

②資産(財産)目録
所有財産を漏れなく記載してください。

 

③債権者一覧
家賃や電話代なども滞納しているものがあれば、忘れずに記入してください。
記入漏れがあった場合は免責許可がおりない場合があります。

 

④家計状況
過去2、3ヶ月の家計簿のようなものです。
同居家族のものも必要です。

 

⑤陳述書
学歴・経歴、収入、資産から始まり、
借金をした理由、自己破産以外の解決法がないという理由、
借金時の生活状況について、反省文と今後どのようにやり直していくか、
などをしっかりと考えて書かなくてはいけません。
何しろ十分に反省し今後同じことは決して繰り返さないという決意を
正直に書くことが大切なポイントです。
これは、弁護士も司法書士もアドバイスはしてくれますが、
必ず自分の手で書かなくてはいけません。

 

それから、自分で用意する書類について。

 

①住民票・戸籍謄本
②課税証明書
③給与明細・源泉徴収票
④預金通帳のコピー(だいたい過去二年分くらい)
⑤不動産登記簿謄本又は賃貸契約書のコピー
⑥クレジットカード

 

以上が一般的な書類ですが、
必要に応じては他に色々と用意しなければならない場合もあります。
必ず確認しましょう。

 

自己破産をするのはほとんどの方が初めてでしょうから、
書類作成なども慣れていないと思います。

 

わからないことや不安なことがあったら
法律事務所などの無料相談を利用して弁護士に質問してみましょう。

 

当サイトおすすめの法律事務所については、
全国対応での自己破産の相談なら? ※おすすめはここ!
のページをご覧ください。